スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


高音域歌手と私の仮説 マイケル・ボルトン Michael Bolton
カテゴリ: ★世紀の達人ボーカリスト
マイケル・ボルトン Michael Bolton
男が女を愛する時 When a Man Loves a Woman

今、ちょうどボイトレコラムで書いている「高い声を出すための発声について」にも関連するハイトーン歌手です。この曲は、皆さんも良くご存知のグラミー賞受賞曲です。私も、この人のレパートリーの中でも、特に好きな曲ですね。

さて、以下は私の仮説です。“ハスキーな歌手は高音が得意?”。
例えば、このマイケル・ボルトンもそうですが、日本でいうと森進一であるとか、チョッと古いですが、もんた&ブラザースのもんたよしのりさん等々。私の勝手な想像ですが、ハスキーな声の人は声門がきちんと閉まらず、そのため声にノイズが入る。声門の触れ合う部分が少ないと(声門が閉まらないと)ピッチは高くなる(例えばファルセットは声帯がほとんど触れ合わない)。以上の理由で「ハスキー=声帯のくっつきが悪い=高い声になる」
という想像をしていますが、医学的根拠や裏付けはまったくありませんんのでご了承下さい。



スポンサーサイト
2011.10.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


コメント:
Title

Secret


Pagetop↑
トラックバック:
Pagetop↑
プロフィール

スクール代表

Author:スクール代表
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
4211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
習い事
153位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。